• お金の出入り ==年金==

  •  
  •  年金のチョットした詳細です。
  •  
  • 老齢給付の種類

    給付は以下のような3階建てになっています。

    国民年金
    厚生年金

    (多くのサラリーマン)

    共済年金

    (公務員や教職員)

    3階
       
    職域部分
    2階
    老齢厚生年金

    (報酬比例部分)

    退職共済年金

    (報酬比例部分)

    1階
    老齢基礎年金

    (定額部分)


    何時から受給できる


     生年月日

       厚生年金 男性
    共済年金

    定額部分
    報酬比例
    部分
     生年月日

       厚生年金 女性

    1941年4月1日以前
    60歳
    60歳
    1946年4月1日以前
    1941年4月2日から
      '43年4月1日
    61歳
    1946年4月2日から
      '48年4月1日
    1943年4月2日から
      '45年4月1日
    62歳
    1948年4月2日から
      '50年4月1日
    1945年4月2日から
      '47年4月1日
    63歳
    1950年4月2日から
      '52年4月1日
    1947年4月2日から
      '49年4月1日
    64歳
    1952年4月2日から
      '54年4月1日
    1949年4月2日から
      '53年4月1日
    65歳
    1954年4月2日から
      '58年4月1日
    1953年4月2日から
      '55年4月1日
    61歳
    1958年4月2日から
      '60年4月1日
    1955年4月2日から
      '57年4月1日
    62歳
    1960年4月2日から
      '62年4月1日
    1957年4月2日から
      '59年4月1日
    63歳
    1962年4月2日から
      '64年4月1日
    1959年4月2日から
      '61年4月1日
    64歳
    1964年4月2日から
      '66年4月1日
    1961年4月2日以降
    65歳
    1966年4月2日以降

    受給資格期間

     原則として、公的年金に25年以上の加入が必要ですが、「経過措置」が設けられています。(詳しくは社会保険庁等に確認してください。)

    (例)1952年4月1日までに生まれた人で、厚生年金か共済年金に20年加入していれば、受給資格を得る。などで、一定条件を満たせば、この条件以下でも支給される場合もある。

    繰り上げ支給・繰り下げ支給

     定額部分(基礎年金)は、
    65歳以前にもらう繰り上げ支給 と
    65歳以降にもらう繰り下げ支給 ができます。

     繰り上げ支給は、支給額が減額され、65歳になっても上がりません。
    繰り下げれば支給額が上がります。

    いくらになる


     55歳以上からは、社会保険庁に試算の申し込みをすると、社会保険庁(社会保険業務センター)で管理している個人記録に基づき試算結果を通知してくれます。
    54歳以下の場合は、下欄のサイトで簡易試算ができます。
    但し、厚生年金の場合平均給与を知っておく必要があります。平均給与とは、いままでにもらった給与のすべてを現在価格に読み替えて、その平均を出したもので、個人で正確に把握するには無理があります。
    一般的な目安は、37歳時の給与額か、退職時の給与額の7割程度を考えれば良いと言われているそうです。(給与額は手取り年収を12で割ったもの)



    「ねんきんネット」

     日本年金機構の「ねんきんネット」は、これまでの年金記録や、将来受け取る年金の見込額など、ご自身の年金に関する情報をパソコンやスマートフォンから確認ができます。
    「ねんきんネット」に登録して確かめてみましょう。

       https://www.nenkin.go.jp/n_net//

    参考資料

    『超「団塊」 2007年問題に立ち向かう!』 宝島社
  •  Copyright © 2006-2018  Office KOHANA  


  •