• バンテアイ・スレイ寺院

  • 再生は、繰り返します。
  • 左の i ボタンは解説です。

  • 967年頃ジャヤヴァルマン5世に仕えていた王師ヤジュニャヴァラーハにより着工され、約30年かかって建立されたと言います。
  • 時の流れは、ゆっくりと進んでいたのでしょうか。
  •  
  • この寺院は、1914年に発見され、海外に大きな反響を呼んだそうです。
  •  
  • 後にフランス文化大臣となる若きアンドレ・マルローが彫像を盗み出そうとして1924年に拘留されたそうです。
  •  
  • 東洋のビーナスと呼ばれる彫像がここにはあります。
  • 以前はこの彫像の近くまで行けたそうですが、残念ですが現在は近づけません。
  •  
  • オレンジが基調の色となり、繊細な彫刻が施されています。
  • 30年かかったこともうなずける気がします。 
  •  
  •  Copyright © 2006-2018  Office KOHANA