• 尾瀬の木道とは

  • 「木道」発祥の地


  •  「木道」という言葉は、広辞苑にも記載されておらず、
    尾瀬が発祥の地のようです。

    市瀬 紙物語 を参照
  •  
  • 木道はなぜあるの?


  •  尾瀬の湿原を保護する目的で、自然に与える影響を最小限に押さえながら、
     自然とふれあうことが出来るように配慮されています。
  •  
  •  最近、湿原より1m程度高めにした木道が増えています。
     1つは、原住民である「ツキノワグマ」の出没地点がそのようになってきました。
     ツキノワグマも人間が怖いそうで、人間の通行が見えるようにと、木道を高くしたそうです。
     もう1つは、冠水対策です。
     以前台風により尾瀬ヶ原が冠水し、陸の孤島状態が発生したそうです。

     湿原を保護しながら、自然とのふれあいが出来るように、毎年工夫・改善がされています。
  •  
  •     
  •  
  • 何キロあるの?


  •  木道は、山間部を含め尾瀬のほぼ全域をカバーしており、
    総延長約57kmに及んでいます。
     そのうちの群馬県側の約20km(全体の約35%)が
    東京電力㈱によって維持、管理されています。
        (東京電力は、尾瀬の群馬県側の全て、尾瀬全体の7割の土地を所有しています。)
  •  
  • 材料とその利用可能期間は?


  •  折れにくく水に強い国産のカラマツ材を使用していますが、
    それでも、湿原の中では10年前後で架け替えが必要となります。
     そのため、東京電力では毎年約2km(約170t)の木道を
    計画的に架け替えを行っています。

  •  
  •  
  •  この架け替えたリサイクル材から製作したものが、
    尾瀬フレーム(尾瀬の木道 フォトフレーム)」です。
     また、2005年からは、このリサイクル材は
    全て「尾瀬の木道エコペーパー」に再生されています。
     そのため、「尾瀬フレーム」は製作個数限定、
    2度と製作できないフレームなのです。
  •  
  •  
  •  
  •  Copyright © 2006-2018  Office KOHANA