• タ・プロム寺院

  •  
  • タ・プロム(タ・プローム)寺院は、
  • ジャヤヴァルマン7世が即位後、最初に建立した寺院です。
  •  
  • 1186年に、王が母の菩提を弔うために建てたものです。
  •  
  • 寺院には、1万2640人が住み、周辺の村々の7万9365人が寺院に奉仕していたそうです。
  •  
  • この寺院は発見当初の姿が残っており、「密林に埋もれ、忘却された遺跡」として最も合致するもの、と言われています。
  •   
  • 寺院の入り口です。ガジュマルの木が見えています。
  • 入り口の彫刻、ここもすばらしい。
  • 最初に出会うガジュマルの木です。寺院の石を抱え込んでいます。
  • 少し遠めから全体を撮影しました。
  •   
  • ここにもガジュマルの木が・・・"
  •   
  • 全面に彫刻が施されています。
  • ここにもガジュマルの木。凄い。
  • 手を合わせ祈り。
  • 横たわっていた石柱の彫刻が気になりました。
  • ここにもガジュマルの木。またまた凄い。
  •   
  •   
  • 塔頭の四面に顔が・・・
  • 塔頭の顔をアップ。
  • 出口です。
  •  Copyright © 2006-2022  Office KOHANA