• 尾瀬探訪

  • ヒメシャクナゲ

2008.06.10-11 尾瀬ヶ原にて。
 
 ヒメシャクナゲ(姫石楠花)です。
 
 尾瀬植物手帳(著 猪狩貴史氏)では、
 「日本の高山のほか、寒地の湿原に広く分布しているツツジ科の常緑小低木。
  葉は革質で裏面は粉白色、ふちは外側に巻く。
  花は紅紫色の壷形で茎の頂きに数個集まってつく。
  ・・・」と書かれている。
 
 その通りであり、短い文章で的確に表現されている。
 
 木の高さは15cmから25cm程度であり、花の写真はかなりアップで撮影したものです。
 
ヒメシャクナゲ ヒメシャクナゲ
  •  Copyright © 2006-2022  Office KOHANA